読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルチ商法の勧誘で哀しみに包まれた話。

日記

とあるキッカケでマルチ商法の勧誘を受けることになった。

 

 

「ビジネスの話があるんですけど、
よかったら話を聞きませんか?」

 

 

そんなことを言ってぼくを誘ったのは大学の後輩だった。

 

その後輩がいろんな人に声をかけて
マルチ商法をしているという噂は広がっていた。

ぼくにもその話が来たか、という思いだった。

 

 

最初から「マルチ商法に勧誘される」と思って聞きに行ったので、
まぁ、騙されるわけがなかったんだけども。

 

 

それよりも、ぼくが強く揺さぶられたことは、
マルチ商法で儲かるということを完全に信じきっている後輩の眼だった。

 

 

普通に考えれば破綻しているビジネスの話を信じ込んで、
それなりの金額を支払ってしまったようだ。

そして、同じビジネスをいっしょにやろうと友達に声をかける。
絶対に儲かると信じ込んでいる後輩だ。

友達に声をかけていっしょにやろうというのは、
わからなくもない考え方だ。

 

 

そこに、悪意はなかった。

 

だからこそ、キツかった。

 

 

まったく知らない人から勧誘されたのであれば、
その人を悪役にすればいいだけで済む話だ。

マルチ商法で騙そうとする悪い人もいるんだなぁ、と納得できる。

 

 

ぼくは、騙そうともしていないし、
善意で声をかけてくる後輩を悪役にすることができなかった。

 

 

後輩は悪意がないのにもかかわらず、
マルチ商法という破綻しているビジネスに気がつかず、
騙されているだけなのに、世間では悪役になってしまう。

その後輩の姿を見続けるのが、苦しかった。

 

 

そして、後輩の周りの友人が離れていく様子を見るのが、哀しかった。

 

マルチ商法をやっている友人とは、
縁を切ろうとするのが一般的な感覚なのだとは思う。

それはもう、仕方がないことだと思う。

 

ただ、彼は悪ではない。騙そうとはしていない。

 

後輩もたくさんの苦労があって、
どうしても現金が必要で、
必死にもがき苦しんでいる中で、
マルチ商法というものに出会ってしまった。

 

「人を騙す」という行為でお金をかき集める人がいる。

今までは報道で漠然とした形でしか
そのことに関する知識を得るしかなかったが、
知っていた人間がそこに落ちるというのが、生々しかった。

 

今回のこと、正直に言ってしまえば、
好奇心で後輩の話に乗ってしまった。

 

後輩のために「騙されているよ!」と言うのがいいのかもしれないが、
果たしてそれが正解かもわからない。
信じ切っている人間を引っ張ってくるのがうまくいくかどうかもわからない。

 

 

 

このことを、この気持ちを、後輩を、どうすればいいのだろうか。

 

答えを探そう。そうすることにした。