読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログをはじめた理由

日記

某有名ブロガーに似ているのが最大の理由です!!!!!!!!!!

 

f:id:satoken_panda:20170131213015j:image

 

まぁ、他にもいろいろ理由がございまして。

 

「文章で何かを伝える」ということが、こんなにも難しいものなのだということを実感されられた場所がありました。

 

それは、「とある塾」でした。

 

この塾は「コンテンツのつくりかた」を学びに80人ほどのクラスで開講されました。

 

「とある塾流のコンテンツのつくりかた」を学ぶ場で、参加者は文章を書くライターが多かったのですが、小学校の先生やシステムエンジニアなど、様々な業種の方が集まっていました。

 

ぼくも普段の仕事は映像制作で、文章を書くことを仕事にしたことはなかったです。

 

その場所でぼくは、文章で自分の好きなことを伝えるという課題に取り組みました。

 

一見簡単に見える課題ですが、実際に取り組んでみると、わけがわからなくなるほど悩みました。

 

「好きなこと」を本当に好きなのか、書きやすい「好きなこと」を選んでいるのではないか、それを伝えるためにはどうすればいいか。

 

とても、とても迷いました。

 

そうして生み出した文章でしたが、今になって見返すと、イマイチなコンテンツだったなぁ、と感じています。

 

 普通に考えたらとても書きやすそうな「自分の好きなこと」を伝えることすら、できなかったのです。

 

それでも、課題を終えたときには、苦労して生み出そうとする過程が、たのしかったなぁと思い返していました。

 

 

きっとドMなんでしょう。いや、ドMです。

 

 

ぼくは昔から映像やラジオなど、コンテンツをつくることが好きでした。時間がかかるし大変なことも多いのだけれど、つくったもので拍手をもらえるのが大好きでした。

 

そして、この「とある塾」で「文章を書いて伝えるというコンテンツ」に改めて触れました。

 

新聞やネットのコラム、小説やエッセイなど、ぼくらの身の回りには日本語で溢れかえっています。

 

それはとても自然なこととして生活していましたが、「とある塾」で文章を書くことを仕事にしている方々と話して、実際に自分も文章を書いてみて、実感しました。

 

身の回りの日本語は、プロがとても読みやすい文章で作り上げていたものだと。 

そして、文章で伝えることが、こんなにも難しいものだったのかと。

 

そのことを実感して、まぁ、なんというか、燃えてきたのです。

 

難しいことに挑戦したいのです。ドMなので。

 

 

 

ということなので、ブログをはじめることにしました。

「文章」というコンテンツに挑戦します。

 

いろんなことを伝えられると、うれしいです。そして、拍手をもらえると、もっとうれしいです。

 

 

 

まずは、ここまで読んでくれた人に「ぼくがブログをはじめた理由」がちゃんと伝わってると、いいなぁ。